紅茶の美味しい淹れ方

紅茶の美味しい淹れ方は、

英国で《ファイブ・ゴールデン・ルール》 と言われるやり方
 
1.Use good quality tea
2.Warm the tea pot
3.Measure your tea
4.Use freshly boilling water
5.Allow time to brew

 

1は、良い茶葉を選ぶこと。
リーフティが良くて、ティーバッグが良くないと思わないこと。
リーフティでも良くないのもありますし、ティーバッグでも優れもの

があります。リーフティは、高ければ高いほど良いとも限りません。

高い金を払ったのですから良くないといやですが。
ティーバッグの廉売物は、やはり良くないと言っていいでしょう。 

 

2.ポットをあらかじめ、温めておく。
これは、とても大事です。必ず実践してください。
これを実施されれば、電気ポットの熱湯(95℃以上)

でも抽出OK。

 

 

3.1杯当りの茶葉を量る。
これが、難しいですね。

茶葉だと大型サイズ(OP)~一般的な細かいサイズ(BOP)~

最も細かいサイズ(ダストと呼ばれますが、決してクズではありません、とても美味しい物もあります)。

サイズにより1杯当りの使用グラムは、2g~5gとまちまちです。

また産地によっても、その茶葉自体のキャラクターによっても違う

でしょう。これは、自分で色々試す以外にありません。
但し、目安はOPは、3g~4g,BOPは2.5g~3g。
その点ティーバッグは、1袋1杯ととても解り易いです。 

 

4.新鮮な組み立ての水を沸騰させた熱湯を使う。 
そして、上述していますが、2のポットをあらかじめ温めておけば、

電気ポット(95℃以上)の熱湯でもOKです。

現代生活の中で、なかなか毎回都度都度熱湯をつくるのは、大変。

それよりも気軽に、1日に何回も飲むのに、電気ポットが便利。

 

5.一定時間蒸らす
これも2番同様、とても大事。そして難しいかもしれません。

3番のリーフティの場合、茶葉の大きさ、産地によってまちまち。

またストレートティかミルクティによっても違います。レモンティは

アイスティ以外はあまり勧めません。目安はOPは3分~4分。

BOPは2.5分~3分。これってグラム数と一緒ですね。それを目安に。

しかしあくまでも目安ですので、自分の舌で時間を調整してください。

ティーバッグは、抽出時間が早いですから、

ストレートティの場合は1.5分目安。

ミルクティの場合は2分。ティーバッグはだいたい2gですから、

これもほぼグラム数と一緒です。

ティーバッグもポットを使い抽出し、取り出す時何回か前後左右に振ります。そして決してスプーンでぐっと押して絞らないこと。
雑味や苦味などが出る場合があります。軽くポットのヘリで湯を切ることをしていただければOK。